台北本部 | アモイ市(廈門)支店 | マニラ支店 | 高雄支店 | シャンハイ(上海市)金茂法律事務所 |

業務別

あらゆる専門分野に対応し、質の高いサービスを提供しております

一般大衆にとって、弁護士と言えば、まず思い出すの は裁判、つまり訴訟でしょう。当事務所が引き受ける案件のタイプと数は多く、財産 や不動産紛争などの民事訴訟以外に、婚姻や親族など の家事案件、麻薬、財産犯罪などの刑事案件および、 行政機関に当然の権利を要求する行政訴訟があります 。当事務所の弁護士グループは経験豊富で、異なる訴 訟タイプについて、それぞれ処理の流れとやり方を持 っています。高品質の法律書類、および裁判技術を提 供し、クライアントのために最大の利益と最善の結果 を追求いたします。

毎年の株主総会シーズンでは、多数株主と少数株主が 会社経営権を互いに奪い合うため、株主総会では、取 締役会が多数の取締役議席を確保して、経営権を取得 しなければなりません。この中で色々な戦略が運用で きます。株数の比較、株の購入、委託書請求、招集権 者以外にも、以下のような戦略があります。少数株主 が主管機関に申請して株主総会を開く、監察人が株主 総会を開く、刑事訴訟を使って主張する(取締役を背 信、横領、文書偽造、証券取引法違反などで訴える )、一時状態仮処分を申請する、仮処分(会長、取締 役、監察人が職権を行使することを禁止する。株主が 株主権利を行使することを禁止する)、臨時管理人を 申請する(一時的に取締役会、会長の職権を代行する )、仮差押えを申請する(会社あるいは管理職の財産 を差し押さえる)、民事訴訟(会社印の返還を請求す る、株主総会を取り消す、損害賠償を請求する)など など。このような状況に対して、当事務所の弁護士チームは 会社関連を熟知し、チームワークで問題を解決し、ク ライアントのために経営権を確保することができます 。

労働基準法とは、弱い立場に置かれた台湾の労働者を保護する、とても大切な法律です。台湾の労働委員会および各自治体の労働局は、数えき れない労働争議案件に対して、様々な解釈を持ってい ます。一般の民事訴訟と違い、労働争議は依拠する法律が違 うだけでなく、条文の解釈適用について、条文の意義 以外に、実際の裁判判決の解釈と認定に依存します。当事務所は労働争議を請け負った経験が多く、労使交 渉から労使訴訟案件まで処理しました。その中で注意 しなければならないことにも経験があり、当事者の最 大の利益を追求します。

政府購買案件には、労務や財物などの購買が含まれま す。入札、審査、落札から後の契約の執行と管理ある いは契約履行についての紛争を問わず、すべて当事務 所の得意分野です。契約履行についての紛争の対応経験も豊富、例えば工 事の契約保証金の給付の訴訟案件。

特許、商標、著作権が我が国知的財産権の三つの核心 です。前段階の申請において、本事務所に豊富な申請 経験があるだけでなく、補法が規定した手続き以外に 、知的財産局が具体的に審査する上での書き方にも専 門の経験があります。知的財産権侵害が発生した時も 、本事務所の弁護士は様々な知的財産権の訴訟案件の 経験があります。一般的な民事、刑事訴訟と違います が、関連訴訟経験がある本事務所の弁護士が、専門的 なアドバイスを提供し、訴訟の攻防をおこない、クラ イアントのために利益を追求します。知的財産権以外に、近年独占禁止法と不正競争防止法 などの各方面で、行政院公正取引委員会が経営者にた いして多くの処分を行いました。もし公正取引法をよ く理解していなければ、経営者は公正取引員会に処罰 され、きっと不満を感じるのではないでしょうか。当事務所は、独占禁止法と不正競争防止法に関する訴 訟以外に、前段階で公正取引委員会に説明を要求され た場合に、専門的なアドバイスを提供することができ ます。最善の結果を求めると同時に損害を最低限まで 減らします。あるいは、同業他社との競争において、 独占禁止法と不正競争防止法を活用して、クライエン トの最大利益を求めます。

医療ミスは、ずっと刑事あるいは民事訴訟の中で大き な比重を占めています。病院の医療ミスによって患者を傷つけ、さらに死亡さ せるか、あるいは医者として患者の賠償請求に直面し たばあい、当事務所はクライアントの立場に立って最 大の補償を求めるか、あるいは最大の利益を主張しま す。近年、整形外科が増え、関連の医療訴訟もますます増 えてきました。中華民国美容医学会顧問を担当してきた、当事務所は 美容医療に関する法律知識によって、美容医学会員に 最新情報を知らせています。訴訟リスクに会う前に、 リスクを最低限まで減らします。薬事法などの関連分野で、最近よくあるのは、主管機 関の認可を得ずに、インターネットで医薬関連用品を 販売すること、あるいは認可されていない薬品、さら には偽薬などを勝手に輸入することです。これらの関連法規に注意することで、薬品使用上の安 全性が確保できますし、販売において法律に違反する ことも避けられます。

不動産争議は民事訴訟案件の中でも大きな地位を占め ています。水漏れ、手抜き工事、放射能汚染マンションなどの欠 陥住宅から、他人の土地を占領して建物を建てたり、 境界を越えて建築したりするなど、不動産関連の損害 は何千万円、あるいはさらに多くなることもあるので 、不動産の争議案件は、民事裁判所の中でとてもおお いです。不動産の争議は往々にして裁判所の訴訟を通して処理 するので、当事務所が手掛けた不動産争議も数多くあ ります。小さなものは住宅の水漏れから、大きなもの は家を壊して土地を返還するなど、何千万円もかかる 案件まで、我らの弁護士チームは専門の経験を持って います。一人一人の知恵を集めて最善を尽くして、ク ライアントの利益をお守りします。これで、クライアントは経験不足の弁護士に自分の居 場所を賭けることになるのではないかと心配する必要 がなくなります。

個人情報保護法新法が2012年10月1日に正式に施工 されて以来、個人情報の定義と保護方式についてより 明確なルールができました。旧法の個人情報保護法の時代には、有名なインターネ ットプロバイダー、あるいは民間病院や民間企業を問 わず、顧客あるいは患者の情報が流出し、主管機関が 処罰したり、市民が賠償請求したりする事件が頻繁に 発生しました。当事務所は個人情報保護法が修正された後、すぐ新版 の内容を調べ、関連課程のセミナーに参加するだけで なく、研究の感想と内容を民間企業に教授する方式で 、関連規範を告知し、企業が新法を知らずに法律に違 反して罰を受けたり、民事、刑事訴訟に巻き込まれた りすることを避けるように促しました。

家事案件は家庭関連なので、一般の民事訴訟案件と違い、どちらが正しく、どちらが間違っていると認定で きません。双方の当事者の利益を考えるべきです。そ して、未成年の子供の利益に関係することすらありま す。したがって、民事訴訟法以外に、家事案件法を制定し て、このようなタイプの訴訟案件を処理します。家事案件は実質上、完全な訴訟案件ではなく、往々に して非訴訟案件に近いことがあります。したがって対 処する際には経験と我慢強さがなければ、当事者にと って最良の解決が見込めません。当事務所のメンバーは多くの家事案件に触れたことが あり、冷たい法律と法廷の外でも、助けを必要とする 当事者に助けとぬくもりを提供し、いろいろな問題を 解決いたします。

国際紛争の処理については、基本的な外国語能力が必 要なだけでなく、さらに重要なのは、最初の国際貿易 契約の締結から、双方契約期間の履行、さらには後に 双方紛争が起こった後の和解、仲裁あるいは訴訟など 、国と国の案件は国際間の書類認証、管轄裁判所、準 拠法、外国法律の適用、さらには国内外判決の相互承 認、執行等々まで、単純な国内訴訟とは異なる多くの 問題があることです。当事務所は国際紛争に関する経験が豊かで、英語や日 本語が堪能な弁護士たちもおります。クライアントが 国際案件を処理する際に役に立てると信じております 。